ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

ハーバード大学高校生サマースクール2024│単位取得なしの2週間、単位取得できる4・7週間

アメリカの超名門ハーバード大学が主催
Harvard Summer Programs for High School Students
  • 実施期間は、2024年6月23日(日)~8月10日(土)
  • 対象は16〜18才
  • SSPの7-Weekは100%オンライン形式に対応しており、多くのコースは日本からも参加可能な時間帯で行われる
  • 単位が取得できる4週間or 7週間コースと、単位がつかない2週間コースから選択できる
米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

ハーバードサマースクール2024│単位取得なしor単位取得を伴うプログラム

ハーバード大学の高校生サマースクールには、単位取得が伴わない2週間の「Pre-College Program」と、単位を取得する4週間または7週間の「Secondary School Program(SSP)」があります。

米国パパ

2024年からの変更点として、SSPには参加しやすい4週間セッションが新たに加わりました(滞在型のみ)

少人数制でハーバードを体感する2週間

まず、2週間の「Pre-College Program」では、単位取得への負担を感じることなく、15名程度の小規模クラスでハーバード大学の高水準な講義を体験。

全参加者がキャンパス寮に滞在し、授業外の社会活動や世界各国からの生徒との交流を通じて、刺激的な2週間を過ごせます。

参加者は、下記のような多彩な分野で構成される約100のノンクレジットコースから、興味関心に合ったクラスをひとつ選択。

  • スピーチ・ライティング・文学
  • 心理学・医学・公衆衛生
  • 法律・政治・哲学・歴史
  • ビジネスとリーダーシップ
  • 人種・ジェンダー・倫理
  • STEAM分野

単位は取得できませんが、修了者は担当教員による評価とハーバード大学から成績表を受け取れます。

具体的な開講コースの内容は、ハーバード大プレカレッジサイトの検索ページより確認でき、各コースの「Part of Term」を見ると、どの期間(セッション)に属するかがわかるので、参加するセッションを決める際の参考にしてください。

200以上のコースから単位を取得できる4・7週間

4週間または7週間の「Secondary School Program(SSP)」には、3とおりの参加形態がありますが、キャンパス通学圏外の生徒は、滞在型の4-Week/7-Week SSP Residentialおよびオンライン講義の7-Week SSP Onlineのいずれかへの参加が可能。

2週間プログラムとの大きな違いは、コース修了後に4または8単位の単位取得ができる点(4-Week Residential→4単位、7-Week Residential→8単位、7-Week Online→4 or 8単位)。

さらに、オンライン受講を選択すれば、渡航・滞在する手間をかけずにハーバード水準の講義を長期間受講することができます。

選択可能なクラスも、多彩な分野をカバーした200以上のコースが用意されており、2週間プログラム以上に充実した選択肢が広がっています。

SSP向けコースの一覧から確認できます。興味があるコースのFormat欄を見て、「On Campus」「Online(live)」「Online(on demand)」といった講義形式を事前に確認しておきましょう。

ハーバード大学サマースクール2024概要

主 催ハーバード大学
住 所Massachusetts Hall Cambridge, MA 02138
日 程<Pre-College Program>セッション①2024年6月23日(日)~7月5日(金)、セッション②7月7日(日)~7月19日(金)、セッション③7月21日(日)~8月2日(金)、<Secondary School Program>4-Weekセッション2024年7月14日(日)~8月9日(金)、7-Weekセッション6月22日(土)~8月10日(土)
対 象16~18才(2024年6月22日時点で16歳以上、かつ2024年7月31日以前に19才にならないこと)
参加費<Pre-College Program>5500ドル(滞在費・食費・健康保険込み)、<Secondary School Program>SSP Residential/4-Week:7700ドル、7-Week:万4250ドル(滞在費・食費・健康保険込み)、SSP Online/3900ドル(4単位分)、7600ドル(8単位分)※プログラム共通で応募手数料75ドルが別途発生
空港送迎大学からの案内なし
申込期間<Pre-College Program>2024年4月10日(水)まで(定員が埋まり次第早期締切)、<SSP 7-Week Residential>2024年2月14日(水)まで、<SSP 4-Week Residential & Online>2024年4月10日(水)まで ※いずれのプログラムも2023年12月1日~オンライン申請受付開始

ハーバードサマースクール2024│対象の年齢や参加日程

対象年齢

プログラム対象者は、Pre-College Program(2週間)の場合、2024年または2025年に大学進学予定の16~18才2023年6月22日時点で16才以上、かつ2024年7月31日以前に19才にならないこと)に該当する人。

SSP(7週間)もほぼ同等の条件ですが、プログラム修了後の2023年中に大学進学予定の人でも、年齢要件を満たせば応募することができます。

参加日程

2週間プログラムの受講期間は、下記の3パターンから選択できます。

  • セッション1…6月23日(日)~7月5日(金)
  • セッション2…7月7日(日)~7月19日(金)
  • セッション3…7月21日(日)~8月2日(金)

日本国内からオンライン受講を希望する場合は、単位取得コースになりますが7-Week SSP Onlineを申し込みましょう。

ハーバードサマースクール2024│必要な語学力や提出物は?

英語ネイティブ以外の人は、申し込みの際に英語試験スコア(TOEFL iBTもしくはIELTS)の提出が必要。

TOEFL iTPやケンブリッジ英語検定は認められませんが、「InitialView」を活用してインタビューやライティングのサンプルを追加資料として提出できます(英語試験スコアの代替にはなりません)。

英語試験の必要スコア(Pre-College Program)

スコアの目安は、Pre-College ProgramではTOEFL iBTが103点以上(Writing Section25点以上)、IELTSが7.5以上(Writing Section7.0以上)。

英語試験の必要スコア(SSP)

SSPも同様に、TOEFL iBT103点以上、IELTS7.5以上が推奨されるものの、科目別の得点基準は明言されていません。

また、単位なしコースにshort essay(文字数・内容は明言なし)提出の記載がありますが、単位取得コースにはエッセイ提出の記載はありません。

応募プロセスでエッセイを求められるかもしれないので、早めに準備を進めましょう。

ハーバードサマースクール2024│参加費について

Pre-College Program(2週間)

Pre-College Program(2週間)の受講料は、滞在費と食費、健康保険、課外活動費などを含めて5500ドルとなり、それ以外に応募手数料75ドルも必要です。

Secondary School Program

SSPでは、4-Weekが7月14日(日)~8月9日(金)、7-Weekが6月22日(土)~8月10日(土)に開催。

Residential 4-Weekは1コース(4単位相当)、Residential 7-Weekは2コース(8単位相当)、SSP Onlineの場合は各々の希望に沿って1~2コース(4または8単位相当)を申請します。

SSP Residentialの参加費は、授業料のほかプログラム期間中の滞在費、食費、健康保険を含んで4-Weekが7700ドル、7-Weekが1万4250ドル。

いっぽう、SSP Onlineは授業料のみが発生し、4単位取得する場合は3900ドル、8単位取得する場合は7600ドルが支払額となります。

学資援助プログラム

なお、学資援助プログラムも導入されていますが、日本を含む海外からの学生は受給対象に入りません。

米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents