【マレーシア】帰国後も国際教育を継続するなら、「国際バカロレア」認定インターに要注目

IB認定校、選択肢は日本のほうが豊富

インターナショナルスクールを選ぶうえで重要なポイントとなるのが、「採用しているカリキュラム」や「どの国際的な評価団体から認定されているか」ではないでしょうか。

カリキュラムや評価団体による認定で、進学できる大学(国)もおおむね決まってしまいます。

現在もっとも注目されているのが、18年までに日本で200校まで増える予定の「国際バカロレア」(IB)認定校。

国際バカロレア

たとえば、100校近いインターがあるマレーシアですが、その大半がケンブリッジ式を含む英国式カリキュラムを採用。

IB認定校は全16校で、DPが14校、MYPが4校、PYP5校(重複含む)。

【関連キーワード】国際バカロレア

*国際バカロレアには、年齢に応じて3つのプログラムがあります。PYP…初等教育プログラムで、3~12才(Pre-School~G5)に履修。MYP…中等教育プログラムで、11~16才(G6~G10)に履修。DP…大学入学準備プログラムで、一般的には2年間。履修年齢は16~19才

意外にも日本のほうが選択肢が多く(2013年10月現在、認定校は全27校。DPが19校、MYPが7校、PYPが14校)、今後日本における国際教育も前進していくことが期待できます。

もちろん、ブリティッシュカリキュラムでも最終的に「DP」を取得することは不可能ではありませんし、日本では体験できない多彩な文化や国際的な環境は魅力的。

ただ、帰国してからも国際教育を継続する予定があるなら、今後はIB認定校も検討してみるべきかもしれません。

以下にマレーシアのIB認定校をピックアップしたので、チェックしてみてくださいね。

クアラルンプール

セランゴール

プトラジャヤ

ヌグリ・スンビラン

スリ・ハタマス

ペラ

ペナン

ジョホールバル

 

関連記事

  1. 【大阪市立水都国際】国際バカロレアや学校概要がわかる…公設民営中高一貫IB校説明会 2/7〆

  2. 【マレーシア】IB校を検討しているファミリー注目…14年秋「フェアビュー」イポー校オープン

  3. 【ペナン】「ペリタ・インターナショナルスクール」へ入学するまでの流れや学生ビザに関して

  4. 【ハワイ】前日でも気軽に参加できる…ヒルトンのキッズプログラム「キャンプ・ペンギン」

  5. 【韓国教育事情04】国語力向上や英語力維持をサポート…公立校の「帰国クラス」

  6. 【サンモール・インタナショナルスクール】13年5月「IB DP統一試験」で45点満点2名を輩出

  7. 【大学入試2016】慶応義塾大学「国際バカロレア資格取得者対象入学試験」(出願7/28〜31)

  8. 【大学入試2016】全学部全学科で若干名募集…玉川大学「国際バカロレアAO型入学審査」

  9. 【2013年6月】ホライゾンとインディア・インターナショナルスクールがIBDP認定校へ

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers
  1. 孫正義育英財団支援金

  2. リクルートスカラシップ学術部門

  3. 柳井正財団海外奨学金

  4. 東京都次世代リーダー育成道場

  5. AFS高校生年間派遣プログラム

  1. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

  2. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X