マーチャント・テイラーズ・スクール <ザ・ナイン>

TOEFLレベルチェック

「マーチャント・テイラーズ・スクール Merchant Taylors’ School」は、ロンドンの中心地から電車で30分ほどの、ハートフォードシャー州スリーリバーズにある通学制男子校。名門パブリックスクール9校「ザ・ナイン」のうちの1校。

バスケットボール、クリケット、ファイブ、ゴルフ、ホッケー、柔道、ラグビー、セーリング、射撃、サッカー、スカッシュ、水泳、テニスのチームのほか、多種多様なスポーツ活動を提供。音楽、演劇などの活動も充実。金曜夕刻の、陸軍、海軍、空軍からなる学生連隊の活動は100年にも及んでいます。

卒業生には、「ザ・タイムズ」紙の創設者ジョン・ウォルター、ノーベル生理学・医学賞受賞者ジョン・サルストンなどがいます。

マーチャント・テイラーズ・スクール
校長:Simon Everson
創立年:1561年
住所:Sandy Lodge Northwood Middlesex HA6 2HT, UK
生徒数:900名
学校の種類:通学制、男子校、11〜18才
寮生と通学生の比率: 通学生/100%
留学生の割合:
カリキュラム:3学期制、11年生でGCSE/IGCSE、その後シックス・フォーム
課外活動: 音楽や演劇、スポーツなど80もの課外活動、週末のクラブ活動など
卒業後のおもな進路:オックスブリッジ、ノッティンガム大、ウォーリック大、バーミンガム大、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、ロンドン大など
著名な卒業生:ジョン・ウェブスター(劇作家)、ジョン・サルストン(ノーベル生理学・医学)、エドマンド・スペンサー(詩人)、サミュエル・パーマー(画家)など
学費(年間):2万1526ポンド(音楽などの課外活動、コーチ、チューター費などは別途)
サマープログラム:
入試データ
出願のタイミング7年生、9年生に進学予定の生徒
出願期間10才の6月末までにエントリー(9年生に入学する場合)
出願料100ポンド
入試時期エントリーするとスタッフと30分の面接がある。翌年9月もしくは10月に学校で面接。11月にオファーが通知され、その翌年1月に英語・数学・論文試験。さらに入学年の1月に英語・数学・科学などの最終試験を経て入学が確定
試験内容面接、学力試験
難易度(合格数)
求められる成績

「マーチャント・テイラーズ・スクール」公式サイト

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,441Followers
125Followers
  1. 【セブ・ジュニアキャンプ2022冬】生活面やメンタルもサポート…中1…

  2. 【PEACE WALK】アプリで気軽に参加…歩くことが難民支援につながるチ…

  3. 【グローバルフェスタ2022】世界と未来につながる、国内最大級の国…

  4. 【東京都立大】ノルウエー×UAE大使が対談…グローバル教養講座「東京…

  5. 【東洋学園大】世界とアジアの最新動向を学ぶ…全15回オンライン無料…

  1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  2. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  3. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  4. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  5. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

september, 2022

03sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・インキュベートコース」

09sepallday【締切】高校生東南アジア小論文コンテスト

17sepallday【〆切】筑波大学「科学の芽2022」

25sepallday【〆切】「ミライの地球」 こども プレゼン・コンテスト

25sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・スタートアップコース」

28sepallday【締切】第10回高校生ビジネスプラン・グランプリ

30sepallday樫尾俊雄発明記念館「発明アイデアコンテスト2022」

30sep01:1601:16【締切】筑波大学「第10回高校生アートライター大賞」

X