中学・高校国際バカロレア国際バカロレア認定校高校

【立命館宇治高等学校】45点満点の生徒も輩出…西日本で最初に「IB DP」認定された一条校

海外大学への合格率も躍進

京都・宇治市の「立命館宇治高等学校」は、西日本で最初に国際バカロレア・ディプロマ(IB DP)に認定された一条校。

1995年に「宇治高等学校」(65年創立)と合併、立命館系列では2番目の高校となる「立命館宇治高等学校」に。

宇治市内にて校舎を移転したのを機に、03年に中学を併設する中高大一貫校となりました。

ritsumei

広々とした敷地内には機能的な校舎やスポーツ施設を備えており、陸上競技や硬式野球、アメフトなどの強豪校としても知られています。

4本柱となるのは、国際化教育、貢献の教育、統合と卓越の教育、情報化教育。

立命館系列のなかでも高度な国際教育や海外帰国生(約2割)の受け入れに積極的で、2000年には英語で授業を行う「APUイマージョンプログラム・コース」(IPコース)を設置。

03年には、文部科学省より以降6年間に渡り「スーパーイングリッシュランゲージハイスクール」に指定されました。

09年、関西ではじめて国際バカロレア機構より「ディプロマ(DP)」資格校として認定。11年度にDP一期生が羽ばたきました。

ritsumei2

12年11月の統一試験「Diploma Programme exam」においては、アジア・パシフィック地域(オーストラリア・シンガポール除く)で唯一45点満点の女子生徒を輩出したことでも話題に。

卒業生の9割が立命館大学、立命館アジア太平洋大学に進学するそうですが、11年度の海外大学合格実績は11校、12年度には48校56人と躍進しています。

13年には、国際教育に特化した「IB(国際バカロレア)コース」と「IM(イマージョン)コース」、「普通コース」の3コースに再編成され、さらに国際教育色を明確にしています。

高校での募集定員は、IBコース、IMコースを含めて140名。

IBコースは1クラス25名ほどの少人数制となり、日本の高校卒業資格要件を満たすカリキュラムも用意。1年次から英語で授業を行い、2、3年次にIB「DP」コースを修得します。

IMコースでは、1年次から2年次にかけてアメリカ、カナダ、ニュージーランドの現地高校への1年間の海外留学が必須。留学後は、英語によるイマージョン授業へと移行していきます。


【立命館宇治高等学校】

  • 創立:1965年(合併により95年「立命館宇治高等学校」に)
  • 住所:京都府宇治市広野町八軒屋谷33-1
  • 設置学科:普通科(普通コース、IMコース、IBコース)
  • 生徒数:約1070名
  • 年間学費:103万6800円(別途入学金12万円)、IMコースは+7万円、IBコースは+60万円(ただし年間30万円の特別奨学金あり)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X