【東京大学】理学部で全英語プログラム「グローバルサイエンスコース」を14年10月より開始

留学生と学びグローバルリーダー育成

「東京大学」理学部は、講義をすべて英語で行う編入プログラム「グローバルサイエンスコース」(GSC)を、2014年10月より開始します。

GSCは、海外大学の学部課程を2年以上修めた留学生を3年生に直接編入させる制度。理学部を国際的な学びの場として推進し、グローバルリーダーを育成する目的で開設しました。

東大理学部グローバルサイエンスコース

GSCの応募要件は、以下のとおり。

  • 海外の大学学部課程を2年以上修めていること
  • 最低62単位を取得していること
  • 理学についての基礎知識を有していること
  • 英語が堪能であること

受け入れ時期は10月と4月の年2回で、理学部ホームページのフォームから出願可能。書類審査により合否判定を行います。

14年度は、まずは化学科で中国から6名、米国から1名の計7名の留学生を受け入れます。

編入学生には、下記のサポートを用意しているとのこと。

  • 理学部の編入学生奨励制度により、毎月15万円の奨学金を2年間支給
  • 東京大学が管理するインターナショナルロッジまたは民間宿舎を提供
  • 日本人の学生チューターならびに実験にTAを配置
  • ファカルティ部門およびアドミニストレーション部門が協力し、在学中のサポートを行う
  • 週に2回、日本語授業を行う

学部課程卒業後は、東大大学院理学系研究科への進学などを見込んでいるとのこと。

また、化学科に進学内定している教養学部2年生を対象に、15年4月から16年9月までGSCで学ぶ「15年度グローバルサイエンスコース生」を、14年12月に募集する予定。

GSC生に選ばれると、下記のサポートを受けることができます。

  • 希望するサマープログラムなど、短期海外プログラム1回分の経費(渡航費、滞在費、授業料の全額または一部)を補助
  • TOEFLテスト対策講座受講料、TOEFL受験料1回分を補助

選考は、書類選考および面接(英語)で行われる予定。

今後は、受け入れ枠を拡大し、理学部全体でGSCを実施していく予定です。

東京大学理学部「グローバルサイエンスコース」公式サイト▶


【東京大学理学部「グローバルサイエンスコース」】

  • 開始時期:2014年10月
  • 対象:海外の大学学部課程を2年以上修めた留学生、化学科に進学内定している教養学部2年生(15年度より)など
  • 編入時期:4月と10月の年2回
 

関連記事

  1. 【ICU】学生が非営利団体を支援し地域との絆を深める取り組み「コモン・グッド基金学生プロジェクト」開始

  2. 【慶応SFC】15年より総合政策、環境情報学部でAO入試に「IB(国際バカロレア)方式」導入

  3. 【芝浦工大】院生1000名に60万円支給…17年度に新奨学金制度導入しグローバル人材育成加速

  4. 【東京女子大】2018年に現代教養学部を5学科12専攻に再編、実践的なリベラルアーツを展開

  5. 【大学入試2015】玉川大学「国際バカロレアAO型入学審査」Ⅰ期/9月、Ⅱ期/15年1月

  6. 【上智大学】教育・経済・地域研究など7つの学位が取得できる英語プログラムを20年秋に新設

  7. 【芝浦工業大学】大学と日本人学生・留学生が協働でダイバーシティ化推進するスタッフ制度開始

  8. 【国際大学】企業を対象に、14年秋よりグローバルリーダー育成のアウトソーシング事業を開始

  9. 【立命館大学】オーストラリア国立大学の学位も同時取得…19年度「グローバル教養学部」新設

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,034Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X