国際バカロレア国際バカロレア認定校

【国際バカロレア】DP履修で高校卒業に必要な20単位→36単位を取得可能に…15年夏に施行

IB学習者の負担を軽減

文部科学省は、学校教育法施行規則を改正し、「国際バカロレア」(IB)のDP課程と学習指導要項の両方をムリなく履修できる特例措置を、2015年8月ごろに交付・施行する予定であることを発表しました。

対象となるのは学校教育法第1条に規程されている学校(一条校)で、それ以外のインターナショナルスクールなどは該当しません(当然ですが…)。

国際バカロレア

具体的には、

  • 学校設定教科・科目として設置したDP科目を、卒業に必要な単位数として算入できる上限を20単位から36単位に拡大
  • 英数理の必履修科目および総合的な学習の時間は、関連するDP科目の履修をもって代えることができる
  • 国語以外の教科は、英語による指導を行うことができる
なお、高校卒業に必要な単位数は、最低74単位からとなっています(学校により異なる)。

これらの措置により、DP以外の授業にかける負担が軽減されることになるので、探究型で多くの時間が必要となるDP学習には朗報といえますね。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X