最短距離で学ぶ全8回講座<2級・準1級対策コース> 中高生のための英検®講座

EF Academy | 米英の3校から選べる…IBからアートまで多様な進路が広がるボーディングスクール

あらゆる進路ニーズに対応するスクール
EF Academyのポイント

6件のクチコミ

  • 世界75ヵ国以上から生徒が集まる、多国籍な環境
  • アート系や音楽大学、アイビーリーグまで、経験豊富なアドバイザーが個別に進路をサポート
  • アメリカ高校卒業資格、IBDP、Aレベル、APも選択可能
  • 数十種類のクラブ活動や学内のスポーツチームなど、課外活動がかなり充実
  • 保護者に対しても、日本語による素早い対応により不安を解消
空港からのアクセス
1
2
3
4
5
いい
生徒の多様性
1
2
3
4
5
多様
幅広い進路サポート
1
2
3
4
5
対応
SENPAI
SENPAI

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

EF Academy | あらゆる進路ニーズに応えるボーディングスクール

「EF Academy International Boarding Schools」(以下EF Academy)は、アメリカに2校、イギリスに1校キャンパスを構える、幅広い進路につながるカリキュラムを備えたG9~G12対象の私立ボーディングスクールです。

運営元について

同校の運営母体であるEF Education Firstは、スウェーデンの学生に向けた教育旅行プランを提供する企業として1965年に創業。

実践型の体験学習を柱に事業拡大を進めながら、世界各地で英語教育や文化交流プログラムを提供しています。

2000年以降は、寄宿制のインターナショナルスクール(EF Academy)を米英に開設するなど、50ヵ国612拠点を数える世界最大級の国際教育ネットワークを形成しています。

米英にある、3つのボーディングスクール

EF Academyは、アメリカに2校、イギリスに1校あります。

留学担当サトー

3校ともに、グローバルに通用するカリキュラム学習に最適なロケーションとなっています

マンハッタンから45分のニューヨーク校

マンハッタンからクルマで45分の、EF Academyニューヨーク校
ニューヨーク校のGoogle Map

ロサンゼルスから30分のパサデナ校(2022年9月開設)

ロサンゼルスからクルマで30分の、EF Academyパサデナ校(米国・カリフォルニア州)
パサデナ校のGoogle Map

オックスフォード駅から10分のオックスフォード校

オックスフォード駅からクルマで10分の、EF Academyオックスフォード校
オックスフォード校のGoogle Map

提供されるカリキュラムは3校で異なる

3校ともに、創造性、イノベーション、自立性を重んじる教育方針は一貫していますが、APやA-Levelなど各校によって採用するプログラムには違いも見られます。

よって、キャンパス選びの際は、現状の英語力や成績だけでなく、大学進学を目指す国や将来の目標も考慮して判断することが重要です。

EF Academy(EF Academy International Boarding Schools)

運営EF Education First
創業年1965年
所在地ニューヨーク校(582 Columbus Avenue Thornwood, NY 10594)、パサデナ校(1539 East Howard Street Pasadena, CA 91104)、オックスフォード校(Cotuit Hall, Pullens Lane Oxford, OX3 0DA)
対象G9~G12(中3~高3相当)、オックスフォード校はG11~G12
生徒数NY校500名、パサデナ校200~700名、オックスフォード校200名
学費ニューヨーク校/年間6万9500ドル、パサデナ校/6万9500ドル、オックスフォード校/4万9500ポンド(滞在費、食費、アクティビティコスト、教材費、保険費用などを含む)
申込随時受付

EF Academy ボーディングスクール | 国際的な教育プログラムを提供

EF Academyでは、さまざまなキャリアビジョンを描ける国際的な教育プログラムを採用しています。

校舎によって選択可能なコースが異なるので、事前に確認しておきましょう。

4つの教育プログラムから選択可能

  • 米国高校卒業資格(US High School Diploma)…ニューヨーク校、パサデナ校
  • AP(アドバンスト・プレースメント)…パサデナ校
  • 国際バカロレアディプロマ(IBDP)…ニューヨーク校、オックスフォード校
  • A-Level…オックスフォード校

とくに、2022年に開校したばかりのパサデナ校(カリフォルニア州)では、大学レベルに相当するAPを追加受講することも可能です。

いっぽう、他の2校とは異なり、パサデナ校ではIBディプロマを取得できません。

①アメリカ高校卒業資格(14~19才)

米国各州の高校卒業要件を満たすプログラムで、分野別グループから最大8科目を選んで履修。

  • Group 1(言語と文学)
  • Group 3(社会)
  • Group 4(理科)
  • Group 5(数学)

上記から1科目(必修)を選択し、

  • Group 2(第2言語)
  • Group 6(音楽と芸術)

以上、6つのグループから最大3科目を選べます。

NY校では、アメリカ高校卒業資格に加え、とくに関心の強い科目のみIBコースを追加履修することも可能です

IBディプロマ資格に該当しない点は要注意ですが、IBコア科目に取り組むことなく対象科目のIB認定証を得られるメリットがあります(IB Certificate)。

②APコース(G11対象)

また、パサデナ校に限り、高校卒業資格に併せてAPコース(G11対象)を修める選択肢もあり、海外大学入試では確かなアドバンテージを得られるでしょう。

③国際バカロレアディプロマ(16~19才)

2年間をかけて、世界中の大学への進学可能性が広がるIBDPの取得を目指すプログラム。

昨今では、日本国内も有名校を中心にIB入試を採用する大学が増加中です。

資格取得のためには、以下の6分野の科目群から1科目を選択して学ぶほか、Extended Essay(4000字エッセイ)+CAS(クラブ・課外活動)+知の理論から成るコア科目を履修する必要があります。

ただし、Group 6のかわりに、他のGroup 2~5に属する科目から選ぶことも可能です。

留学担当サトー

IBDPコースで35点前後を取得し、ボストン大学やNY大学への進学した実績も

スクロールできます
Group 1
(第一言語・文学)
Group 2
(第二言語)
Group 3
(個人と社会)
Group 4
(自然科学)
Group 5
(数学)
Group 6
(音楽・芸術)
英語 ・ドイツ語 ・韓国語 ・標準中国語 ・ポルトガル語 ・ロシア語 ・スペイン語 ・タイ語 ・ベトナム語 ・イタリア語(HLのみ)英語 ・フランス語 ・ドイツ語 ・中国語 ・スペイン語心理学 ・経済学 ・ビジネスマネジ メント ・歴史 ・地理(SLのみ)生物学 ・化学 ・物理学 ・環境システム&社会(SLのみ)数学 ・数学的研究(SLのみ) ・高等数学音楽 ・演劇 ・ビジュアルアー ト

選択した6科目中、3科目が上級レベル(HL)、残り3科目は標準レベル(SL)に該当する必要があります

④Aレベル(16~19才)

A-Levelとは、ケンブリッジ式カリキュラムが認定する高水準な国際資格。

興味のある学習分野がある程度は定まっており、かつイギリスの大学を優先的に目指す人に適したプログラムです。

生物学、ビジネス研究、化学、法律、数学、高等数学、物理学、心理学、芸術、英語/IELTS準備といった専攻分野から3~4科目を選んで受講します

同じく大学入試に有利な国際資格IBDPとくらべると、A-Levelのほうが数科目に集中して取り組めるのが特徴です。

音楽大学や美術大学の道も拓ける

EF Academyは、芸術系のクラスも充実しており、米国のトップアートスクール「パーソンズ美術大学 Parsons School of Design at The New School」、「バークリー音楽大学 Berklee College of Music」、「ジュリアーノ音楽院 The Juilliard School」といった音大に進学する生徒もいます。

NY校のアートクラス
ピアノを披露する生徒。EFには多彩な才能が集まる

部活などのアクティビティ

IBDPのコア科目(CAS)にも関わる課外活動については、校舎ごとに多少違いはあるものの、数十種類のクラブ活動や学内のスポーツチームが充実。

さらに、ボランティア活動やインターンシップ、アクティビティコーディネーターが企画する小旅行なども併せて協調性やリーダーシップスキルを実践的に養えます。

EF Academy ボーディングスクール | 海外大学進学を実現するための生活環境

EF Academyは、クラス平均人数13名、学生:教職員比率7:1という少人数制を保ち、個人の学力や可能性を最大限に引き出せる環境づくりに努めています。

NY校のメイン校舎

専任スタッフ2名体制で進路サポートも万全

とくに、学習・生活指導を担うパスウェイマネージャーや、進路選択や出願手続きをサポートしてくれる大学進学アドバイザーは、生徒ひとり一人の学業キャリアを成功に導く心強い存在になるでしょう。

おもに夕食後に設けられるスタディホール(自習時間)では、授業の予習・復習はもちろん、先生に質問したり、クラスメートとともにグループワークを進めたりと、型に囚われないスタイルで学習効率を高められます。

自宅のように快適に過ごせる寮生活

「自宅のような居心地のよさ」をモットーに掲げる学生寮は、セキュリティスタッフと住み込みの生活指導アドバイザーが週7日24時間体制で監視し、生徒の安全かつ自立的な寮生活を多方面から支えています。

キャンパス内には、スクール・ナースも24時間常駐しており、緊急時の応急処置はもちろん、必要に応じて地元の病院や診療所にスムーズに診療を依頼できるので安心です。

映像で見るキャンパスツアー

ニューヨーク校
パサデナ校
オックスフォード校

国際バカロレアDP生の平日スケジュール例

  • 7時30分…朝食
  • 9時~10時20分…IB歴史(SL)
  • 10時30~11時10分…アドバイザリー/クラブ
  • 11時20~12時40分…IB数学(SL)
  • 12時40分…昼食
  • 13時30~14時50分…IBアート(HL)
  • 15時~16時20分…スタディホール
  • 放課後…部活/自習
  • 18時…夕食
  • 20時~22時…スタディホール

EF Academy ボーディングスクール | どんな生徒たちが集っているのか

EF Academyには75ヵ国以上から生徒が集い、インクルーシブで国際色豊かなコミュニティが形成されているのも大きな魅力となっています。

校舎別の生徒数

  • ニューヨーク校…約500名(G9~G12)
  • パサデナ校…200~700名(G9~G12)
  • オックスフォード校…約200名(G11~G12)

を数え、2学年制の英国キャンパスのほうが学生総数としては米国キャンパスより少なめです。

大学進学率99パーセントを記録した2022年度資料によると、そのなかで米国または英国の大学に進学したEF生は81パーセントを占めています。

また、IB入試、AO入試、帰国子女入試などを含めると、日本の大学への進学ルートも多くの選択肢を想定することができます。

EF Academy 卒業生のおもなトップ大学合格実績

米国

  • ハーバード大学
  • イエール大学
  • コーネル大学
  • ブラウン大学
  • ジョンズホプキンス大学
  • ジュリアード芸術大学
  • パーソンズ美術大学
ニューヨーク校での卒業式

英国

  • オックスフォード大学
  • ケンブリッジ大学
  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
  • インペリアル・カレッジ・ロンドン
  • エジンバラ大学
  • ダラム大学
  • セント・アンドリューズ大学

日本人生徒の大学合格実績(2021年度)

日本

  • 慶應義塾大学(総合政策学部)
  • 立命館大学(グローバル教養学部)
  • 上智大学(国際教養学部)

イギリス

  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
  • リーズ大学
  • ロンドン芸術大学
SENPAI

アメリカ

  • ワシントン大学
  • カリフォルニア大学デービス校
  • カリフォルニア大学アーバイン校
  • ボストン大学
  • バークリー音楽大学
  • パーソンズ美術大学

その他の国

  • トロント大学(カナダ)
  • ローザンヌホテルスクール(スイス)
  • シドニー大学(オーストラリア)

EF Academy ボーディングスクール | 学費や奨学金について

ニューヨーク校・パサデナ校費用(2022~2023年度)

  • ニューヨーク校(G9~G12)…学費+滞在費 6万6500ドル(年間)
  • パサデナ校(G9~G12)…学費+滞在費 6万9500ドル(年間)
  • 準備コース1学期分(対象者のみ)…学費+滞在費 1万6000ドル
  • 入学金…700ドル
  • 空港送迎費用…500ドル
EF Academyパサデナ校の校舎

オックスフォード校費用(2022~2023年度)

  • オックスフォード校(G11~G12)…学費+滞在費 4万9500ポンド
  • IBDP試験費用(該当者)…495ポンド
  • A-Level試験費用(該当者)…195ポンド
  • 入学金…500ポンド
  • 空港送迎費用…105ポンド
  • 春休みトリップ…1250ポンド
EF Academyオックスフォード校

※米国校・英国校共通:上記の学費+滞在費には、1日3食(平日)、1日2食(週末)、クラブ・アクティビティ参加費用、教材費、Erika保険費用が含まれます

その他必要なコスト

そのほか、学生側で負担が必要なコストとして、生活費、航空券代、ビザ申請費用、翻訳費用、健康診断費用、一部試験費用などが発生します。

なお、学校側から奨学金の提供はありませんが、EF事務局よりいくつかの支払プランを提案することは可能です。

EF Academy ボーディングスクール | 入学に必要な学力と英語力について

EF Academyに入学するには、各学年や受講プログラムに対応する一定の英語力が求められます。

EF Academyに必要とされる学年別英語力

スクロールできます
学年英検TOEFL iBTIELTSEFSET
G9+EAL(準備コース)準2級15~163.0~3.531-35 (A2-1)
G10+EAL準2級17~183.5~4.036-40 (A2-2)
G9準2級~2級19~334.0~4.541-45 (B1-1)
G102級~準1級34~634.5~5.046-50 (B1-2)
G112級~準1級34~634.5~5.046-50 (B1-2)
G11 (IBDP/A-Level受講)準1級64~705.0~5.551-53 (B2-1)

英語力を測る指標

実際の選考プロセスでは、50分間のEFSETテスト(オープンアクセスの標準英語試験)の結果が審査材料となります。

英語準備コースも用意

英語力に不安がある合格者は、EF Academyの年度が始まる前に1~2学期の英語準備コース(EAL)を受講して、各々が英語レベルの強化を図ることができます。

EF Academy ボーディングスクール | 入学までに必要なプロセス

EF Academyでは、出願期限を設けず、随時入学審査を行っています。

選考プロセスでは、英語力や成績と同時に、学業への意欲と前向きなオープンマインドを備えた人物かどうかが包括的に評価されます。

  • 英語力を確認する入学試験としてEFSETテストを受験
  • 入学を希望するキャンパス宛に自己紹介文、過去2年の成績証明書、パスポートのコピーなどを提出
  • 英語面接を経て入学審査の合否が決定

合格後は、無料英会話レッスン、ビザ申請手配など多角的なサポートも提供しています。

留学担当サトー

EF Academyについて知りたいことがあれば、お気軽にご質問くださいね!

EF Academy ボーディングスクール | Q&A

何年生からでも入学は可能?

9年生(中学3年生)以上であれば、どの学年であっても入学可能です。12年生(高校3年生)でも入学可能ですが、大学進学指導の観点から、できるだけ早い学年からの入学を奨励しております。

学年途中からの入学は可能?

2学期が始まる前(毎年1月半ば)であれば、学年途中でも入学のお受付をしております。

最短で入学できる期間はどのくらい必要?

入学には、EFSETという無料で受けられるオンラインテストを受験いただきます。もちろん、TOEFL、IELTS、Duolingo English Testなどのテスト結果も受け入れいています。

少なくとも、コース開始から2ヵ月前の出願をおすすめしています。

高1で英検2級程度。IBでアメリカの大学に進学できる?

英検2級であれば、10年生(高校1年生)からの入学に大きな支障はないと思います。また、10年生の間にどれだけ英語を伸ばせるかによって、IBの成績も異なってくると思うので、がんばって伸ばしていきましょう!

高2ですが、G10からスタートできる?

大学受験までに英語力や学力が間に合うか不安があるようならば、学年をひとつ下げてスタートすることができます。

現在高校2年生であれば、ひとつ学年を下げてG10からスタートすることは可能です。学年をリピートする際は、年齢確認がありますのでお問い合わせください。

60ヵ国からの留学生はどの国からが多いの?

ドイツ、イタリア、ポーランド、ノルウェーなどのヨーロッパ諸国をはじめ、アジアでは、韓国、日本の留学生が多く在籍しています。

どのキャンパスもひとつの国籍の生徒の割合が’大きくなることはありません。基本的には、各国の割合が10パーセント前後以下が目安となっています。

日本人は何名くらい在籍している?

現在、全3キャンパス約60名が在籍しています。

1年間の短期留学は可能?

1年間でも留学は可能です。その場合、入学のプロセスは同じになります。

日本の学校への取得単位流用については、在籍中の学校の判断によりますが、通常ほとんどの日本の高校が認めています。

短期留学のあと、継続して進級できる?

はい、希望に応じて進級は可能です。

3校のキャンパス間で転校は可能?

キャンパス間での移動は可能です。3校とも密に情報を交換していますので、転校はスムーズにできます。

将来、アート系の大学に進学することは可能?

各学校にはUniversity and Academic Advisor がいおり、それぞれの生徒の希望に合った進路指導を行っています。もちろん、アート系の進路を希望する生徒にはそのためのサポートを行なっています。

EF AcademyからParsons School of Design(パーソンズ美術大学)に進学した卒業生もいます。

バークリーやジュリアードなどの音楽大学の受験対策は?

はい、音楽大学への受験指導も行っていますのでご安心ください。

進路アドバイザーは、何名の生徒を担当している?

1アドバイザーあたり、約20〜30名を担当しています。

学校生活に慣れるまで不安。日本語で相談できる?

学校にはいませんが、日本のスタッフによるオンラインサポートがあり、保護者のサポートも行なっています。

また、いつでも相談できるメンタルヘルスカウンセラーも学校に常駐しています。

学生寮は何人部屋?

基本は3人部屋になりますが、希望があれば(空きがあった場合に)2人部屋、1人部屋に変更することも可能です(追加料金が必要)。

シャワーやトイレは学生寮の種類によって異なりますが、2〜10名で共有します。

学食の食事は、どのようなメニューが出る?

ビュッフェ形式で、野菜やフルーツ、メインディッシュが提供されます。ご飯、ヌードルがあったり、肉類、魚類、バランスよく提供されます。

1年間のうち、何回日本に帰る機会がある?

春休み、夏休み、冬休みの3回になります。春休みには学校主催の旅行があるので、そちらに参加する場合は帰らない場合もあります。

土日は外出は自由?

基本的には自由ですが、学年ごとのルール(門限、外出人数)には従ってもらいます

EF Academy ボーディングスクール | クチコミと評価

4.0
Rated 4 out of 5
5 点中 4 点(6レビューに基づく)
すばらしい34%
とてもよい33%
平均的33%
いまいち0%
悪い0%

先生との出会いによりまったく違う進路が拓けた

Rated 4 out of 5
2023年10月25日

私はEFである先生との出会いがあったことで、進路をまったく違う方向にシフトする決断ができました。

高校生の段階で海外に行くのは勇気がいると思いますが、少し人と違う経験をするのは将来何かしらプラスに働いてくれると思います。

よく考えてEFに入学を決めたなら、とにかく楽しみにしていればいいです!

2022年卒業(イギリスの大学に進学)

日本にいるよりスムーズに海外大学進学が可能

Rated 3 out of 5
2023年10月25日

プライバシーが絶対に必要な人には、寮生活では朝から晩まで人と過ごすことになるので基本的にボーディングスクールはおすすめできません。

でも、日本の学校では体験できない、さまざまな楽しいこと、我慢しなければいけないこともここでは体験することができます。

大学受験では、IB DPのArtのHLをとっていたため、先生からのたくさんのヘルプも受け、アプリケーションのステップをスムーズに完了できました。海外大学受験は、経験としても日本の学校にいるよりも簡単に進学可能ではあると感じました。

2022年卒業(アメリカの大学に進学)

私の能力を高く評価してくれたので、最適な進路が見つけられた

Rated 5 out of 5
2023年10月25日

EFに留学して、日本という場所の狭さに気付かされ、おどろいた。

もともと音大に行くつもりはなかったけど、学校の先生はわたしの能力をとても評価してくれ、勧めてくれてました。EFにはたくさんの音楽のコースがあり、自分に合ったものをみつけられます。

留学を希望する人で、世界中のいろんな人と関わりたい、友達になりたい人はEFです。EFに行って広い世界を知りましょう!

2023年卒業(アメリカの大学に進学)

文化や考え方が違う人との関わり方を学び、英国の大学に進学

Rated 5 out of 5
2023年10月25日

EFアカデミーでは、文化や考え方が違う人との関わり方を学べました。

卒業後はイギリスの大学に進学することにしましたが、EFではその先の進路を見据えて教科や卒業資格を選ぶようにすると卒業後に進路に困らないと思います。

2022年(英国の大学に進学)

英語ゼロの状態から、NYの大学に行けるまでのレベルに成長

Rated 4 out of 5
2023年10月25日

大学に進学してから改めて周囲の学生をみると、EF、とくにIBDPを専攻していた生徒は頭がいい子が多かったと感じる。みんなそれぞれにいい教育を受けてきたんだと思うし、それぞれの個性に寛容的だった。

キャンパスの周りにはなにもないため、コミニティはキャンパスにいる生徒たちの印象がすべてだと思う。友達との友好関係がうまくいっていたら楽しいが、そうでないこともあったので辛かった時期もあった。

EFのIBDPは、他の学校と違ってだれでも選択できるのも魅力。IBDPを通してCritical thinking を学べたと思うし、英語がまったく喋れない状況でEFに通い始め、現在ではニューヨークの大学に行けるくらいにはなった。

EFアカデミーは、いまの自分の能力や立ち位置を考えぎずに「これからどうなりたいか」を想像し、そのまま日本にいるより成長できると思うなら挑戦してみる価値はあると思います。

2022年卒業(ニューヨークの大学に進学)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents