【国際バカロレア】2021年5月期DP平均スコア33.02点、40〜45点は1万5513人と昨年より6割増の好成績

2021年5月期もふたつの評価体系を併用

「国際バカロレア機構」(スイス)は、2021年5月期のテスト結果を、2021年7月6日(火)に発表しました。

2021年5月期は、大学入学資格「DP」(ディプロマプログラム)とキャリア教育・職業教育関連資格「Career-related Programme」(CP)の2試験を実施。

今回も、国や各地域の事情により統一的な筆記テストの実施が困難な状況にあることから、前回同様筆記テストと非試験ルートの2種類を併用する評価体系を導入。

生徒の安全に配慮し、各地域の事情に最適な方策を選択できるよう、教育関係者や各国の担当者との協議をギリギリまで継続してきました。その結果、全受験者17万660人のうち、10万4275人が非試験ルート対象、6万5576人が試験ルート(および両ルートは809人)で受験しています。

非試験エリアでは、内部評価コースワークと担当教師による予測成績の2要素を組み合わせた評価モデルを代替スコアとして使用。

評価の公平性と正確性を最大限高めるため、IB側から学校へ配布された成績評価の妥当性に疑問がある場合は、証拠書類の提出により教師が成績評価の修正を主張できるプロセスも確立。内部か外部のいずれかいっぽうの評価に偏り過ぎず、フェアな評価を導き出せるよう工夫されています。

昨年同期とくらべ顕著に好成績な結果に

2021年5月期のDP試験は、世界で8万7307人が受験(2020年5月は8万6657人)。

平均スコアは33.02点と、2020年5月の31.34点から1.68点上昇。さらに、ハイスコア域の40〜45点は1万5513人(20年5月は9701人)、DP合格率も88.96パーセント(20年5月は85.18パーセント)と、すべてが2020年を上回る好成績となりました。

国際バカロレア機構は、DP資格が大学入学の認定資格としてその効力を維持できるよう大学や各国教育省に対して、コロナ禍におけるIB認定の評価体系への理解と協力を求めてきました。

そのような尽力もあり、コーネル大やブラウン大、ウォーリック大など多くの有名大学が、これまでどおりDP資格によるの学生の受け入れと継続的サポートを表明しています。

国際バカロレア機構「2021年5月期テスト」に関して


【国際バカロレアDP 2021年5月期テスト】

  • 受験者数:8万7307人
  • 平均スコア:33.02点
  • 合格率:88.96パーセント
 

関連記事

  1. 【上智大学】教育・経済・地域研究など7つの学位が取得できる英語プログラムを20年秋に新設

  2. 【大阪市】19年開校の公設民営中高一貫IB校は「水都(すいと)国際中学・高校」に決定

  3. 【文部科学省】小中高におけるIB導入のメリットを探る「第3回IB推進シンポジウム」9/22

  4. 【1月25日〆切】世界の国際バカロレア校で学ぶチャンス「2016年度UWC奨学生」22名を募集

  5. 【玉川学園】中学・高校卒業認定も得られる…「MYP」と「DP」が修得できる「IBクラス」

  6. 【5月3〜5日】神戸の老舗インター「カナディアン・アカデミー」で「English×IT Camp」開催

  7. 【AIE国際高等学校】2018年4月より日本語DPを提供…通信制高初「国際バカロレア」認定校へ

  8. 【サマースクール2014】沖縄インターナショナルスクール(7月28日〜8月15日)

  9. 【都立国際高校】2019年度「国際バカロレアコース」最終倍率4.95倍、合格者内訳も発表

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X