進路に合わせた学校をご案内します海外ボーディング編入サポート

柳井正財団海外奨学金2025 | アメリカとイギリスのトップ大学進学を支援する奨学生を合計40名程度募集 8/15〆(予約型)

エデュコさん

わたしが使える海外大学奨学金ってあるのかな?

Globaledu★奨学金チーム

昨今、海外大学進学の奨学金制度は充実してきています。早めに情報収集し、しっかり準備しましょう

Globaledu奨学金チーム  

グローバルエデュ編集部内の「奨学金チーム」です。みなさんの進路に役立つ、高校生留学奨学金海外大学進学奨学金、それ以外の奨学金をリサーチし、わかりやすく紹介しています。返済不要の給付型のみを紹介しているので、条件をチェックして上手に活用してくださいね!

海外大学進学に立ちはだかる「多額な留学コスト」を乗り越えるための、奨学金制度を紹介していきます!

米英トップ大学進学者40名を
全額奨学金で強力サポート
柳井正財団海外奨学金2025
  • 米国と英国のトップ大学、リベラルアーツ大学に進学する人が対象
  • 採用人数は、予約型と合格型を合わせて40名と多い
  • 年間上限10万ドルもしくは6万8000ポンドを支給
  • 年間世帯所得制限は2700万円以下

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

柳井正財団海外奨学金2025 | 予約型・合格型の年2回選考を実施

「公益財団法人柳井正財団」(東京・港区)は、日本の学生が世界トップレベルの教育機会を得られるよう支援する「海外大学奨学金2025(第9期)」奨学生を40名程度募集。

2024年度も例年どおり、「予約型」奨学金の対象者約20名を先行して募集します。

Globaledu 奨学金チーム

例年、「公募制学校推薦海外大学奨学金(予約型)」と「公募制海外大学奨学金(合格型)」の年2回の選考において、各20名程度を募集しています

応募条件が緩和(各校の推薦人数、世帯年収)

応募条件を満たしていれば、予約型と合格型の両方に応募が可能。

また、2022年度より対象高校が拡大されたほか、1校ごとの推薦人数の上限も撤廃。

Globaledu 奨学金チーム

世帯年収も年間2700万円以下に引き上げられ、さらに応募しやすくなりました

柳井正財団海外奨学金2025 概要

主催財団法人 柳井正財団
対象<予約型>学校から推薦を受けた、インターナショナルスクール含む世界中の高校に在籍している日本国籍を有する学生 <合格型>インターナショナルスクール含む世界中の高校に在籍している日本国籍を有する学生
出願条件在学期間中を通じて日本国籍を有する人、他の給付型奨学金を受給していないこと、財団が企画する広報活動、コミュニティ構築等に協力することができることなど
支給期間 原則4年間(英国は3年間)
支給金額<米国>年間上限額10万ドル ※授業料、寮費、保険料(年間上限8万5000ドル)に加えて学習・研究・生活支援金(1万5000ドル)を別途支給 <英国>年間上限額6万8000ポンド ※授業料、寮費、保険料(年間上限5万7000ポンド)に加えて学習・研究・生活支援金(年間1万1000ポンド)を別途支給
採用人数40名程度(予約型20名程度、合格型20名程度)
応募受付<予約型>2024年7月18日(木)~8月15日(木)16時(日本時間) <合格型>未定
登録受付<予約型>推薦書類受付は5月9日(木)~8月15日(木) <合格型>未定

柳井正財団海外奨学金2025 | 支給金額や対象大学

支給金額と支給期間

奨学金は、米国の大学に進学する奨学生1名あたり年間10万ドル(従来は9万5000ドル)が上限。

一方、英国の大学に進学する奨学生1名あたりは年間6万8000ポンド(従来は6万5000ポンド)が上限です。

財団が大学ごとに必要な費用(授業料、寮費、保険料)を算出し、4年間(イギリスは3年間)支給します。

対象となる大学(米国トップ50大学および同レベルの英国大学)

支援対象となる大学は、アメリカでおおむねトップ50に入る大学と同等レベルのイギリスの大学。英国の場合、大学進学準備コースは支給対象になりません。

Globaledu 奨学金チーム

合格型の場合、指定された大学以外でも財団の判断によっては支援対象として認められることがあります

米国27大学

  • Brown University
  • California Institute of Technology
  • Carnegie Mellon University、Columbia University
  • Cornell University
  • Dartmouth College
  • Duke University
  • Georgetown University
  • Georgia Institute of Technology
  • Harvard University
  • Johns Hopkins University
  • Massachusetts Institute of Technology
  • New York University
  • Northwestern University
  • Princeton University
  • Rice University
  • Stanford University
  • University of California, Berkeley
  • University of California, Los Angeles
  • University of California, San Diego
  • University of Chicago
  • University of Illinois Urbana-Champaign
  • University of Michigan-Ann Arbor
  • University of Pennsylvania
  • University of Washington
  • Vanderbilt University
  • Yale University

米国リベラルアーツカレッジ20校

  • Amherst College
  • Barnard College
  • Bowdoin College
  • Carleton College
  • Claremont McKenna College
  • Colgate University
  • Davidson College
  • Grinnell College
  • Hamilton College
  • Harvey Mudd College
  • Haverford College
  • Middlebury College
  • Pomona College
  • Smith College
  • Swarthmore College
  • Vassar College
  • Washington and Lee University
  • Wellesley College
  • Wesleyan University
  • Williams College

英国7大学

  • Imperial College London
  • King’s College London
  • London School of Economics and Political Science
  • University College London
  • University of Cambridge
  • University of Edinburgh
  • University of Oxford

柳井正財団海外奨学金2025 | 応募条件とスケジュールについて

応募資格は、下記のすべてを満たす必要があります。

[予約型] 応募条件

  • 将来、グローバルな知見を持って各分野をリードし、日本社会の発展に貢献し得る資質を持つ人
  • 在学期間中を通じて日本国籍を有する人
  • 国内の他の給付型奨学金を受給していない人。ただし、国や自治体による奨学金、国内外の返済義務のある奨学金、海外の給付型奨学金、奨学金に該当しない使途の支援金等との併給は可
  • 当財団の奨学金を4年間(英国は原則3年)受給することに合意した人
  • 当財団が企画する広報活動、コミュニティ構築等に協力することができる人
  • 国や地域に関わらず、在籍している高校から推薦状が得られ、2024年9月から2025年8月末までに卒業見込みの人(日本国内の高等専門学校に在籍している人は2024年度において3年修了見込みの人)
  • 本奨学金プログラムの対象大学に入学できる学力、資質等を備え、原則20歳以下で、2025年9月の入学を目指す人
  • 本奨学金プログラムへの出願時点で、原則、語学試験及び学力試験においてスコアを保持しており、下記の水準以上の人( TOEFL iBT90またはIELTS 6.5、SAT1400またはACT31またはIB予測スコア38)
  • 世帯構成員による家計支持者の所得が2023年度(2022年分)と2024年度(2023年分)のそれぞれにおいて家計支持者の所得(退職所得など給与所得以外も含む)が2700万円以下であること

[合格型] 応募条件

  • 将来、グローバルな知見を持って各分野をリードし、日本社会の発展に貢献し得る資質を持つ人
  • 在学期間中を通じて日本国籍を有する人
  • 国内の他の給付型奨学金を受給していない人。ただし、国や自治体による奨学金、国内外の返済義務のある奨学金、海外の給付型奨学金、奨学金に該当しない使途の支援金等との併給は可
  • 当財団の奨学金を4年間(英国は原則3年)受給することに合意した人
  • 当財団が企画する広報活動、コミュニティ構築等に協力することができる人
  • 本奨学金プログラムの対象大学に入学できる学力、資質等を備え、原則20才以下で、2023年9月以降に高校を卒業し、2024年9月の入学を目指す人。※高校とは、日本国内の高等学校・中等教育学校後期課程・高等専門学校、インターナショナルスクール、上記に準ずる海外の教育機関を指します(ただし、日本国内の高等専門学校に在籍している人は 2023年度において3年修了見込みの人)
  • 本奨学金プログラムへの出願時点で、原則、語学試験及び学力試験においてスコアを保持しており、下記の水準以上の人(TOEFL iBT 90またはIELTS 6.5、SAT1400またはACT31またはIB予測スコア38)
  • 世帯構成員による家計支持者の所得が2022年度(2021年分)と2023年度(2022年分)のそれぞれにおいて家計支持者の所得が2700万円以下であること

応募スケジュール

2024年度の募集期間は、

  • 第9期予約型…2024年7月18日(木)~8月15日(木)16時
  • 第9期合格型…未定

となっています。

Globaledu 奨学金チーム

予約型を受けたのち、合格型に応募することも可能です

柳井正財団海外奨学金2025 | 応募手順と選考プロセス

応募方法は、専用フォームに下記の情報を入力してエントリーします。

エントリーに必要な情報や資料(予約型・合格型共通)

  • 基本情報(氏名、住所、連絡先、高校名、家族構成、留学経験を含む学歴など)
  • 出願大学、その他奨学金
  • 課題活動、趣味、資格
  • エッセー①日本語(あなたの目指す将来の姿について、要約100字以内、本文400字以内)
  • エッセー②日本語(①で書いたことを実現するために、米国もしくは英国の大学で何をしたいか、要約100字以内、本文400字以内)
  • エッセー③日本語(あなたが今までで最も力を入れて取り組んだことや最も心を動かされたことは何か、800字以内)
  • 学業成績(高校在学中のGPAを米国式の4.00満点に変換)、TOEFL iBTまたはIELTSSAT、ACTまたはIBのスコア(各試験スコアがなくても応募可能なケースあり)
Globaledu 奨学金チーム

予約型のみ、在籍高校に「必要書類」(推薦状や成績表)と「提出方法」を共有してください

選考プロセス

予約型に応募するには、学校長、担任教諭、応募者をよく知る同じ高校の教諭のいずれかが作成した推薦状1通(日本語または英語)と、直近1年分以上の成績表または調査書を学校側がまとめて郵送提出。

予約型・選考スケジュール

  • 9月4日(水)18時まで…公式サイト上およびメールにて一次面接通過に関する通知
  • 9月8日(日)…一次面接(原則オンラインで実施)
  • 9月12日(木)19時まで…公式サイト上およびメールにて最終面接通過に関する通知
  • 9月16日(月)…最終面接(原則オンラインで実施)
  • 9月27日(金)…合否結果をメールにて通知

合格型・選考スケジュール(第9期は未発表)

詳細は、柳井正財団サイトで確認を。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents