【留学フェローシップ】海外名門大進学生とエッセイを仕上げる「サマーキャンプ2017」6/25〆

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

海外大志望者はこのキャンプに参加を

2014年に設立され、すでに多くの日本人高校生を海外大学に送り出している「NPO留学フェローシップ」(留フェロ、神戸市)。

留フェロはこの夏も「サマーキャンプ2017」への参加者を、2017年6月25日(日)まで募集しています。

留フェロ2017

対象は、海外進学を目指している高校2、3年生と既卒生。応募資格は下記の通り。

  • 2018年もしくは2019年入学の海外大学正規進学を目指している人
  • 期間中の活動はもちろん、事前活動・事後活動に責任を持って取り組める人
  • 出願書類作成に必要な最低限の英語力を備えている人(明確な点数基準は設けていない)

2017年のキャンプ日程は、8月3日(木)〜8日(火)の5泊6日で、会場は長野・野沢温泉村の役場・公民館を予定しています。

先輩メンターと繋がろう

このキャンプの大きな魅力は、エッセイを書くために必要な基盤である自分自身の強みについて発見し、それをどのように生かし、魅せていくのかを学べること。メンターとの対話を通して自身と徹底的に向き合い、5泊6日で1本のエッセイを完成させることを目指します。

メンターとして指導してくれるのは、日本から海外大学に進学した現役大学生、そして昨年の参加者でもあるギャップターム生(この夏に入学を控えている学生)。

メンターの進学先などは公式サイトで紹介されているので、志望大学のメンターがいるかチェックしてみるといいですね。

メンターからは、受験ガイダンスや面接対策、海外大学生活などの情報も得ることができるので、周囲から海外大学進学へのサポートが受けられない受験生はぜひ参加したいですね。

参加を希望する人は、応募フォームから必要書類を添付のうえ応募を。

選考結果は、7月2日(日)にメールにて通知があるそうです。

詳しくは、「留学フェローシップ」公式サイトで確認を。


【留学フェローシップサマーキャンプ2017】

  • 主催:NPO留学フェローシップ
  • 日程:2017年8月3日(木)〜8日(火)
  • 対象:高校2、3年生、既卒生
  • 場所:長野、野沢温泉村役場・公民館
  • 参加費:3万円(宿泊・食費込み) ※経済的な事情が厳しい場合は相談可能
  • 使用言語:英語・日本語
  • 応募締切:6月25日(日)




7,575Fans
3,592Followers
273Followers
  1. 【朝日新聞】「モモ」から「こども六法」まで…厳選した子ども向け書…

  2. 【U-18共創フェス】デザイン思考で課題解決に挑む…起業を1日で体験…

  3. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  4. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  5. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  1. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  2. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  3. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  4. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  5. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

イベントカレンダー

february, 2023