高校

【ドイツ政府】現地の家庭や学校で学ぶ…世界の高校生と過ごす4週間無料プログラム 2/14〆

ドイツで学ぶ夏の4週間

「ドイツ連邦共和国政府」は、高校生を対象とした「ドイツ招聘プログラム2020」への参加者を、2020年2月14日(金)まで募集しています。

Christian Wiediger

対象となるのは、ドイツ語を学んでいる高校1、2年生(プライベートでドイツ語を学んでいる人も対象)。応募資格は、日本国籍を有し、日本に3年以上滞在している15才以上17才以下の人。

ドイツ語は、最低2年間ドイツ語の授業を日本の高校もしくは個人で受けており、とくに優秀な成績を修め、かつ全科目においても優秀であること。

内容や応募方法について

プログラムは、2020年8月上旬から9月上旬にかけて実施される予定で(詳細日程は未定)、ドイツ語を学んでいる世界中の高校生と一緒に、約4週間にわたりドイツの複数の都市で文化プログラムに参加したり、ホームステイや現地の高校で授業を受けることができます。

プログラムには、ドイツへの往復の航空運賃、各滞在地における宿泊費・食費の給付が含まれます。

参加を希望する人は、学校を通じて「ドイツ連邦共和国大使館」に問い合わせると、メールにて応募書類が送られくるそうです。そちらの書類に必要事項を記載の上、メールで応募を。

選考試験は、3月中旬に予定されています。

詳しくは、「ドイツ連邦共和国大使館」サイトで確認を。


【ドイツ連邦共和国定期招聘事業2020】

  • 主催:ドイツ連邦共和国
  • 日程:2020年8月上旬〜9月上旬
  • 対象:ドイツ語を学んでいる、日本国籍を有する高校1、2年生(15才以上17才以下)
  • 締切:2020年2月14日(金)12時

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X