【工学院大学】約350万円の訓練費でパイロットに…JALと連携した「エアラインパイロット指定校推薦コース」

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

パイロット志望の学生の負担が大幅軽減

エンジニア・パイロットを養成する「工学院大学」先進工学部機械理工学科航空理工学専攻(東京・八王子市)は、JALと連携した「エアラインパイロット指定校推薦コース」のカリキュラムを改定。

それにより、これまで約7ヵ月を要していた訓練期間は実質半分以下に、訓練費は約350万円(1ドル=127円)と約220万円程度軽減することが可能となり、学生の負担を大幅に軽減しました。

本専攻では、機械理工学科のカリキュラムを履修しながら、パイロットになるための飛行操縦訓練を受けるため、将来は「エンジニア・パイロット」として国内外の航空業界で活躍できるスキルを身に付けられる

この「エアラインパイロット指定校推薦コース」では、まず2年次(6〜8月)に事業用ライセンスの前段階となる「自家用操縦士(単発)」を米国で取得。その後、2年次(2〜3月)に工学院大が指定する適性確認フライトに合格すると、工学院大の推薦でJALの自社養成パイロット採用選考に挑戦することができるというしくみを提供。

事業用ライセンスの取得を求めていないため、学生が負担する訓練費を低く抑えられるほか、操縦訓練開始前にエアライン基準の航空身体検査相当の健康診断を受診できることが大きなメリットとなるようです。

詳細は、「工学院大学 先進工学部機械理工学科」公式サイトから確認を。

    関連記事

    1. 【明治大学】約200名を収容する国際学生寮が「和泉キャンパス」隣接地に16年にオープン

    2. 【立命館大学文学部】語学検定試験やIBを評価…17年度にAO入試「国際方式」2タイプ新設

    3. 【大学入試英語成績提供システム】文科省による「TOEICの参加辞退による特例措置」について

    4. 【横浜国立大学】4→5学部に改編…2017年度に50年ぶりとなる「都市科学部」(248名)新設

    5. 【大阪大学】世界トップ10大学への布石…17年度より「世界適塾入試」で多様性のある学生募集

    6. 【立教大学】全留学プログラムで10〜40万円を支給…16年度から「グローバル奨学金」を導入




    7,575Fans
    3,574Followers
    273Followers
    1. 【Operation Smile】世界の高校生がペルーに集い、発展途上国の人々…

    2. 【UWC ISAK】リーダーシップ、マインドフルネス、デザイン思考を集…

    3. 【TEDxOgikubo2023】Making the Futureをテーマに小学生もはなまる…

    4. 【昭和女子大学附属小】卒業時は英検2級レベル…国社道徳以外を英語…

    5. 【日米学生会議2023】日米の学生が日本を横断しながら多様な視点で…

    1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

    2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

    3. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

    4. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

    5. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

    january, 2023

    21janallday22エプソムカレッジ・マレーシア2023説明会

    21janallday22英国名門ボーディング「ザ・ナイン」進学講座がわかる講演&説明会

    25janallday【説明会】ハワイスタディツアー2023春休み

    27janallday【締切】「帝京大学可児高校IBコース」説明会

    29janallday【締切】クマ財団「クリエイター奨学金第7期生」①

    29janallday【締切】TOPPA!!「中高生春休みキャンプ2023」

    31janallday【締切】AIG高校生外交官 渡米・日本プログラム

    31janallday【締切】慶應アストロバイオロジーキャンプ2023

    31janallday12feb【締切】大使館等こどもスタンプラリー 2023

    X