【自分ごと化プロジェクト】「日本の学校と外国の学校をつなげるプロジェクト」に支援を 7/31〆

TOEFLレベルチェック

みんなが自分ごと化できる世の中へ

こんにちは! 広島出身21才の鈴木健斗です。左に写っているのが、一緒にプロジェクトを立ち上げている神田実鈴です。

ふたり合わせて「すずけん」と呼んでください!

私たち「自分ごと化プロジェクト」は、2020年11月に発足した、誰もに開かれた「自分ごと化」の原体験をしてもらうためのプロジェクトです。

社会問題を自分のことして考えられるように、「まず世界中に友達を作ろう!」という壮大な目標を達成するため、日本の学校と諸外国の学校をつなげるプロジェクトをはじめたく、みなさんのお力をお借りできればと思っています。

もっと「自分ごと化の輪」を広げたい

そもそも「自分ごと化ってナニ?」と思われる人も多いのではないでしょうか。

私たちの考える「自分ごと化」とは、あらゆる社会問題や身の回りで起きていることに対して「当事者意識を持ち、自分自身に関わることとして認識、行動できること」です。

しかしながら現状、日本は「自分ごと化後進国」なんです。日本財団が2019年に行った、18歳意識調査「第20回 社会や国に対する意識調査」によると、半数以上の日本の若者がそもそも「解決したい社会課題」がないと言っているのです。また、「社会課題について周りの人と積極的に議論している」若者に至っては3割にも満たないのです。

18歳意識調査「第20回 社会や国に対する意識調査」

なぜこのような結果になるのでしょうか。理由は、大きくふたつ考えられます。

ひとつ目は、なんと言っても「興味がない」、 あるいは「きっかけがない」ということです。遠く離れた世界のどこかで、いまも紛争が起きて、たくさんの人々が命を落としている。その事実は知っていても、「自分には関係ない」「自分がなんとかできる問題ではないから」と言って、他人ごとで終わっている人は少なくないと思います。

ふたつ目は、既存のプログラムの敷居が高すぎる、ということです。コロナ禍でオンラインでの討論会、 ウェビナー、ユースフォーラムのようなものがますます増えています。私もいろいろなものに参加してきました。

同世代、あるいは年下の子たちと意見を交わすなかで、そもそも社会課題に興味があまりない人や、それに参加したくても勇気が出ない、あるいは勇気を出して応募したのに英語力やエッセイで落とされてしまった、という人の場はどこなんだろう? と思います。

すでに社会課題にとても興味がある人がさらに興味を持ち知識を蓄える場はたくさんあるけれど、ここに取り残されている若者はたくさんいるはずです。

だからこそ自分ごと化プロジェクトでは、そういった国際プログラムの敷居の高さを取り払い、英語力に縛れらず誰もが参加できることを大切にしています。参加者からは、下記のような声が届いています。

本当に貴重な機会!そして楽しい!毎回話し足りずに終わっちゃいます。自分ごと化プロジェクトは、もう私にはなくてはならない場所になりました(高校生、日本)

世界史の授業でドイツについて学ぶときには、たくさん話した○○ちゃんのことを思い浮かべて聞くことができるので、これまでよりも頭に入りやすくなりました(中学生、日本)

英語がまったく話せないためとても不安でしたが、スタッフの方々のおかげで国際交流を楽しむことができました(大学生、日本)

コロナ禍で行動が制限されるなか、必要に迫られて出会ったzoom。そして、こういう会に出会えたことに感謝。アフガンの若者と交流できるなんて、1年前には考えられなかったことです(社会人、日本)

セッション後、より原爆の被害について知りたいと思い、はだしのゲンを読んでみました!(高校生、アフガニスタン)

6回、すべてのセッションに参加させてもらいました!日常生活から戦争と平和にまつわる歴史まで日本について様々なことが学べて興味深かったです!(高校生、ドイツ)

これまで正直そこまで日本に興味がなかったけれど、セッションを通して日本の文化を知り、友達ができて、日本語を学ぶことを決意しました!(大学生、グアテマラ)

*     *     *

参加者からは大反響をいただいています。数回のセッションを通して、すでに「自分ごと化」ができている人もたくさんいて、本当に本当に嬉しいです!

自分ごと化の輪を広げるために支援をお願いします

今後もより多くの人に質の高いプログラムを提供していくため、今回「Good morning」というプラットフォームで、6月6日から7月31日までの期間、クラウドファンディングを行っています。

目標金額は166万5000円で、6月11日現在、すでに31名から53万1000円の支援をいただいております。

ささやかではありますが、ご支援いただいた方には、以下のようなリターンを用意しています。

  • 3000円…お礼の手紙
  • 5000円…すずけん(代表・副代表)とオンラインランチ1時間
  • 1万円…すずけん(代表・副代表)とオンラインサシ飲み2時間
  • 1万円…学校セッション報告会(オンライン)
  • 1万円…すずけんが自分ごと化を語る会(オンライン)
  • 1万円…毎週のオンラインミーティングご招待券
  • 1万円…代表鈴木健斗による英会話講座(オンライン)
  • 1万円5000円…自分ごと化プロジェクトサポーターレター半年分
  • 1万円5000円…学校セッション報告会+打ち上げ参加券(オンライン)
  • 1万円5000円…みんなで自分ごと化を語る会(オンライン)
  • 3万円…自分ごと化プロジェクトサポーターレター1年分
  • 3万円…自分ごと化ブロンズコース(お礼の手紙、学校セッション報告会、すずけんが「自分ごと化」を語る会、すずけんとオンラインサシのみ2時間)
  • 3万円…すずけんの講演出張券(オンライン)
  • 5万円…自分ごと化シルバーコース(お礼の手紙、学校セッション報告会、すずけんとオンラインサシのみ2時間、自分ごと化プロジェクト サポーターレター2ヶ月に1回、1年間、計6回)
  • 10万円…ゴールドコース 世界に一つだけの自分ごと化プロジェクト(オンライン)

*     *     *

自分ごと化プロジェクトをより多くの人に体験してもらい、世界中に友達を作り、「〇〇ちゃんがいる国で、いまこんなことが起きている。〇〇ちゃんはいまどうしているだろう。私にできることはなんだろう」

みんながそう思える世の中にすることが私たちの目標です!

一見目に見える効果がないように思えるプロジェクトかもしれませんが、世界中に友達を作り、「自分ごと化」ができるようにすることこそが、ひいてはありとあらゆる社会課題を解決し、平和な世の中を創ることにつながっていくのだと信じています。

みなさまのお力添えのほど、よろしくお願いいたします。

「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディングページ

自分ごと化プロジェクト」公式サイト

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  3. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  4. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  5. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X