【横浜国際高校】2019年開設「国際バカロレアコース」の定員25名、日本語DPなど詳細決定

横浜国際IBコースの詳細公表

「神奈川県」は、2019年度に「県立横浜国際高校」に開設予定の「国際バカロレアコース(仮)」のパンフレットを作成し、詳細を公表しました。

それによると、募集人数は1学年25名程度(一般/20名程度、海外帰国生/5名程度)で、志願資格は神奈川県立高の一般・帰国生徒募集と同様。

試験内容は、下記のとおり。

  • 一般入試…学力検査、面接、特色検査
  • 海外帰国生入試…学力検査、面接、作文、特色検査

なお、神奈川県は、2017年に「国際バカロレア」認定校候補校に申請しており、2018年に認定校申請・入学者選抜、2019年に認定校決定・1期生入学というスケジュールを予定しています。

カリキュラムは日本語DPで提供

横浜国際では、一部の科目が日本語で受講できる日本語DP(デュアル・ランゲージ・ディプロマ・プログラム)を提供。

2〜3年次に学ぶことができるDP科目は、下記のとおり(6つのグループから1科目ずつ選択し、SH(標準レベル)3科目、HL(上級レベル)科目を履修)。

  • グループ1(言語と文学)/日本語…日本語A、言語と文学
  • グループ2(言語修得(外国語))/英語…English B(SH/HL)
  • グループ3(個人と社会)/日本語…歴史(SH/HL)
  • グループ4(理科)/日本語…物理(HL)、化学(SL/HL )、生物(SL/HL)
  • グループ5(数学)/英語…数学(SH/HL)
  • グループ6(芸術)/日本語…音楽(SL)、またはグループ4から1科目
  • コア/日本語…課題論文(EE)、知の理論(TKO)、創造性・活動・奉仕(CAS)

詳しくは、神奈川県「国際バカロレアコース(仮称)設置に向けて」ページで確認してください。


【神奈川県立横浜国際高校「国際バカロレア」コース】

  • 開設:2019年4月
  • 学校:県立横浜国際高校(神奈川県横浜市南区六ツ川1-731)
  • 学科:国際科
  • 定員:各学年25名程度(一般/20名程度、海外帰国生/5名程度)
 

関連記事

  1. 【フェリーチェ玉村国際小学校】群馬県玉村町の国際教育特区にイマージョン教育校が15年開校

  2. 【N高】離島の課題を中高大生の学びに応用…長崎県・五島市と「教育プログラム策定業務」締結

  3. 【開智望小学校】探究型で国際貢献できる人材育成…16年3月「国際バカロレア」PYP候補校へ

  4. 【港区ワールドフェスティバル2018】「大使館周遊スタンプラリー」を楽しもう 1/11〜3/25

  5. 【新国際高校】海外進学コースも設置…リベラルアーツを実践する第2の都立国際高が白金に開校

  6. 【10月26日】「ケイ・インターナショナルスクール東京」の学園祭「KISTival」

  7. 【東京都】施設改修費2.6億&賃料全額補助…2022年度に開業する立川「新英語村」運営事業者募集 6/3〆

  8. 【東京都】浅草で観光体験も…「おもてなし親善大使育成塾2017」参加中高生250名募集 7/1〆

  9. 【くらぶち英語村2019】9月と10月に説明会開催…2019年度通年コース若干名募集 10/31〆

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,040Followers
125Followers

may, 2022

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X