奨学金

【9月16日〆切】最大250万円を4年間支給「2015年度グルー・バンクロフト基金」奨学生募集

目指せ!リベラルアーツ・カレッジ

「グルー・バンクロフト基金」は、「2015年度グルー・バンクロフト基金奨学金」奨学生を、2015年9月16日(火)まで募集しています。

グルー・バンクロフト基金は、日米相互理解に尽くした戦前のふたりの駐日米国大使の名を冠した、日本の高校卒業者を対象に米国大学留学奨学金制度を運営している公益財団法人。
グルー・バンクロフト基金は、日米相互理解に尽くした戦前のふたりの駐日米国大使の名を冠した、日本の高校卒業者を対象に米国大学留学奨学金制度を運営している公益財団法人。

毎年、日本の高校卒業生3〜5名に奨学金を支給し、アメリカ各地のリベラルアーツ・カレッジへの4年間の留学を支援するほか、留学先の大学から奨学金を取得するための支援を行っています。

対象となるリベラルアーツ・カレッジは、カーネギー教育振興財団編「カーネギー大学分類」の「Baccalaureate Colleges –Arts & Sciences」に含まれる大学(271校)およびそれらに準ずる大学。

近年では、奨学生は下記のリベラルアーツ・カレッジで学んでいるそうです。

Bates College、Bowdoin College、Carleton College、Colby College、Connecticut College、DePauw University、Grinnell College、Hamilton College、HaverfordCollege、Kenyon College、Knox College、Lake Forest College、Macalester College、Middlebury College、Oberlin College、Pomona College、Swarthmore College、Wesleyan University (CT)、Williams Collegeなど

奨学金の種類と募集する奨学生の数は、下記のとおり。

  1. 毎年250万円を4年間支給。留学先より授業料(全額)を免除される場合は、生活費として100万円を4年間支給…2名
  2. 毎年200万円を4年間支給。留学先より授業料(全額)を免除される場合は、生活費として100万円を4年間支給…2名
  3. 毎年100 万円を4年間支給…2名
  4. 毎年10万ドルを4年間支給…1名

なお、DePauw University、Lake Forest College、Knox Collegeでは、グルー・バンクロフト基金が推薦する志願者に対し、授業料の全額または一部を免除するという取決めがあるそうです(過去5年で15名以上)。

応募資格は下記のとおり。

  1. 日本国籍を有すること
  2. 学校教育法による正規の高校3年に在学中で2016年3月に卒業見込みの人、および応募時上記高校を過去1年以内に卒業した人
  3. グルー・バンクロフト基金の趣旨を理解し賛同すること

応募方法は、所定の用紙をダウンロードのうえ、願書、調査書、推薦状、小論文「米国大学留学希望理由と将来の抱負」(800字以内)などの必要書類を郵送にて送付。

選考のスケジュールは、9月下旬に1次選考書類審査、10月12日(月)に「国際文化会館」(東京)にて2次選考試験を実施(小論文/日本語。英語/文法、語彙、長文読解、数学/日本語で出題)。

10月18日(日)に、最終選考として保護者同伴の面接があります(英語による応答を含む)。

奨学生に選ばれた人は、自分で留学先大学への願書を作成・提出しますが、グルー・バンクロフト基金ではそれに関連する支援や指導をしてくれるそう。

また、奨学生の保護者は、留学期間中毎月1万円を負担する必要があります(留学生の支援のための経費に充当)。

なお、多くの大学で、TOEFL、SAT、CATのスコアを要求するので、応募前から受験の準備をはじめておいてくださいとのことです。

詳細は、「グルー・バンクロフト基金」公式サイトで確認を。


【グルー・バンクロフト基金 2015年度奨学生募集】

  • 主催:公益財団法人グルー・バンクロフト基金
  • 対象:高校3年に在学中で16年3月に卒業見込みの人、および応募時に高校を1年以内に卒業した人
  • 奨学金内容:250万円×4年間支給/2名、200万円×4年間支給/2名、100 万円×4年間支給/2名、10万ドル×4年間支給/1名
  • 応募締切:2015年9月16日(水)消印有効

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X