サット/エスエーティー【SAT(Scholastic Assessment Test)】

海外大学進学セミナー

米国大学受験に使われる共通テスト

SAT サット/エスエーティー」(Scholastic Assessment Test)は、アメリカの大学が、国内外の入学志願者に受験を課している共通テスト。

アメリカの4500校あまりの高等教育機関からなる非営利の試験専門会社「Collage Board」が主催するテストで、1901年に導入。

アメリカ国内でもっとも広く大学受験に使われている。

sat

同様のテストに別団体が運営する「ACT」(The American College Testing Program)があり、アメリカでの大学進学にはSATかACTのいずれかのスコア提出が義務づけられている。

「SAT Reasoning Test」(SAT I)と 科目別の「SAT Subject Tests 」(SAT II)の2種類あるが、一般的にはSAT Reasoning Testを指す。

これには「Critical Reading 批評読解力」「Writing 文章力」「Math 数学」の3セクションがあり、マークシートで解答。

それぞれ200点から800点で配点され、合計2400点満点となる。

目安として、難関大学ではCritical Reading、Writingの各セクションで510点以上くらいから、ハーバード大学やイェール大学などの超難関校では満点に近いスコアが基準となる。

Writingの小論文は、解答用紙に鉛筆で記入。

SATはアメリカ人を対象とするテストなので、英語を第二外国語とする人にとってはCritical ReadingやWritingで高得点をとるのは容易ではない。

そのぶん、MathのスコアやSAT以外の入学審査で挽回をはかるなどの対策が必要となる。

【Collage Board】「SAT」公式ホームページ 


【IELTS 試験概要】

  • 試験時間:3時間45分
  • 受験料:81USドル(50ドル+International Processing Fee 31ドル)
  • 試験会場:日本では主要都市のインターナショナル校などで受験可能
  • 試験日程:年6、7回
  • 受験に必要な身分証明書:パスポート、写真付きの学生証、運転免許証などのいずれか
  • スコア:各科目200点~800点。3科目合計2400点満点。要求されるスコアは教育機関ごとに異なる。有効期限はとくにない
[amazonjs asin=”4484101017″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義”]

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  4. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  5. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X